児童発達支援

児童発達支援って
どんなところ?

児童発達支援ってどんなところ?

小学校就学前、0歳~6歳のお子さんを対象とした、
児童福祉法に基づく支援サービスの一環です。

療育や特別な支援を必要としているお子さんに対し、日常生活における基本動作訓練、保育園や幼稚園での集団生活に適応するための支援などを行います。

地域の福祉サービス、保育園や幼稚園、保護者、医療機関と連携して、遊びや学びを通してお子さんの将来の自立や進学などに向けて備え、居場所づくりを目指しています。

トレーニング内容

落着きがない…

ことばで上手に
伝えられない…

お友達と一緒に
遊ぶことが苦手… etc

  • 日常生活機能トレーニング

    日常生活機能トレーニング

    着替え、食事など日常生活で必要な動作・機能向上に向けトレーニングしていきます

  • 感情表現トレーニング

    感情表現トレーニング

    言葉を増やす、表現方法を増やし苦手としている感情表現をトレーニングしていきます

  • 特別支援トレーニング

    特別支援トレーニング

    ひとりひとりの発達段階に合わせたアプローチ方法で支援していきます

やってみよう DEKITA!!体験

観て・体験して・話すことから全てが始まります

  • コミュニケーション<br>~言語力・表現力~

    コミュニケーション
    ~言語力・表現力~

    発語や発話を促し、あいさつ、自分の気持ちを表現する力、相手の話を聞く力を育むトレーニングを行います。お友達と一緒に、楽しくコミュニケーションのトレーニングをすることできます

  • ケーススタディ<br>~生きる力~

    ケーススタディ
    ~生きる力~

    食事、着替え、トイレ、健康管理など日常生活で必要となる力を身に付けるためのトレーニングを行います

  • ソーシャルワーク<br>~社会性~

    ソーシャルワーク
    ~社会性~

    お友達と一緒に遊ぶ力(物の貸し借り、順番を待つなど)、集団で生活する力(指示を聞く、返事をするなど)、自尊心・意欲を身に付け、保育園や幼稚園または小学校進学に向けて協調性や積極性も育みます

  • アクティビティ<br>~運動・感覚・認知~

    アクティビティ
    ~運動・感覚・認知~

    手先の運動や身体を思い通りに使う力、色や数、大きさなどの概念や理解などの認知機能を育みます。指示通りにできる、繰り返しできることを練習します

TOP>